クレンジングの取説館

こちらのサイトでは、クレンジングの取り扱いについて書いています。

クレンジングって何だろう!?

クレンジングってそもそもなに!?!?

メイクをすると、当たり前のようにクレンジングをします。

スキンケア基本は、クレンジングと洗顔ですが、本当にそのクレンジングでいいのでしょうか?

この記事では、クレンジングの基本を書いていきますね。

クレンジングとは?

クレンジングってそもそもなに!?!?

クレンジング=化粧落としといわれ、化粧などの油性のヨゴレを落とすために行うスキンケアの一つです。

クレンジングで化粧や油性の汚れを落とさないと、お肌にダメージを与える事になりますからね。

お肌にダメージを与えるだけではなく、ヨゴレがお肌に残る事で色素沈着を起こし、顔のくすみにもなってしまいます。

ですので、クレンジングは化粧をする女性にとって、無くてはならないスキンケアなんです。

クレンジングの重要性が分かったところで、次にクレンジングの成分について書いていきます。

クレンジングはどんな成分がいいの?

クレンジングってそもそもなに!?!?

しっかり化粧を落とすためのクレンジングですが、化粧品(ファンデーション・アイシャドウ・アイライナー・マスカラ)は、そもそも落ちにくいように作られています。

なぜかというと、化粧は朝から夜まで持たさなければならないからです。そのために、油性のものが多いんですね。

油性の化粧を落とすためには、油性の成分をクレンジングでしっかりお肌から浮かせて、さらにそれを剥がさなければいけません。

それが、洗い流すという事なんですね。

「脂は油で落とす!」というのが、鉄則なんですがここで登場するのが「界面活性剤」です。

なぜ「界面活性剤」が、必要なのかというと、「界面活性剤」は水と油を中和ささせるという役割があります。

「界面活性剤」いうと、あまりいいイメージではありませんが、ひと昔前までは、当たり前のようにバンバン配合されていました。

確かに、油性に化粧品を落とすためには必要なもの。しっかり落とすためには、仕方がないのか…。

ただし、「界面活性剤」の量によってもお肌への影響は変わってきます。

また近年では、「界面活性剤不使用」というクレンジングも少なくありません。

化粧落としをに重きを置くのか、お肌へのやさしさに重きを置くのかで選ぶクレンジングも変わってきます。

クレンジングにはいろんな種類がある!

クレンジングってそもそもなに!?!?

クレンジングには、いろんな種類がありますのでご紹介します。

  1. ジェル、ミルク状のクレンジング
  2. クリーム状のクレンジング
  3. リキッド上のクレンジング
  4. オイル状のクレンジング
  5. 拭き取りクレンジング

『ジェルやミルク状のクレンジング』

ジェルやミルク状のクレンジングは、比較的肌に優しく、のびが良くなめらかなものが多い。

『クリーム状のクレンジング』

クリーム状のものも、肌へのダメージが少なめ。こちらも、のびが良く油分が多いので落としやすいクレンジング剤。

『リキッド状のクレンジング』

油分が少ないので、「界面活性剤」が多めの傾向にある。

『オイル状のクレンジング』

クレンジング剤の中では、洗浄力がピカイチ。ただし、油分と界面活性剤が多く配合されている事が多く、肌への負担と肌の乾燥が気になる。

『拭き取りクレンジング』

シートタイプのものが多く、拭き取るという行為が肌に刺激を与え、肌にくすみやシミなどを誘発してしまう事も。

近年、クレンジングは肌に優しく、美容成分も配合されている商品も多く販売されています。

例えば、こちらのクレンジングは、クレンジングの役目はしっかり果たし、毛穴の汚れも綺麗に除去、美容成分もしっかり配合され、肌に優しいクレンジングです。

クレンジングのおすすめはこちら!

クレンジングは、スキンケアの基本中の基本です。参考になれば幸いです^^

投稿日:

執筆者: