クレンジングの取説館

こちらのサイトでは、クレンジングの取り扱いについて書いています。

危険な洗顔!?

【注意!】あなたの洗顔は危険な洗顔なのかもしれない!?

投稿日:

あなたの洗顔は危険な洗顔!?

毎日しっかり化粧水や美容液でスキンケアをしているはずなのに、なんとなく肌の調子が良くないように感じることはありませんか?

実はそれは…。危険な洗顔をしているからかもしれません。たとえばごしごしこするような洗い方をしている、熱いお湯で流している、一日に何度も洗顔している…など。

このような洗顔をしていると、本来肌に必要な分の皮脂や角質まで洗い流されていたり、刺激を与えすぎている可能性があります。今回はそんな“危険な洗顔”について説明していきたいと思います。

 

“危険な洗顔”のリスク

そもそも洗顔は、酸化して古くなった皮脂や角質、またはメイク汚れなどを落とすために行うものです。

ですが上述したような刺激の強い洗顔をしていると、皮脂や肌の角質層にあるセラミドなどの細胞間脂質、もともと肌が持っている保湿成分NMFなどが洗い流されてしまいます。

こういったものは、肌が潤いを保つために欠かせないものなので、洗い流されてしまうと肌のバリア機能が崩れてしまいます。

 

“危険な洗顔”で失われたものは保湿ではカバー不可能

皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分などは、保湿化粧水などの化粧品では補うことができません。唯一、皮脂は数時間たてばまた分泌されますが、細胞間脂質と天然保湿成分は少なくとも数日は分泌されません。

長い場合では2週間かかることもあります。この期間には肌のバリア機能が低下しているため、乾燥やアレルゲン物質、紫外線などの影響を受けやすくなります。

そして普段よりも肌が乾燥してしまったり、何かにかぶれてしまうなどの反応が現れます。こういった軽微な炎症は、肌の老化を進行させるので注意が必要です。

もともと人間の肌は自浄作用を持っています。石鹸を使ってごしごしと洗わなくても、汚れはぬるま湯で流すだけでもしっかり落とすことができます。

皮脂、細胞間脂質、天然保湿成分を守るためにも、不要な汚れだけを落すようにしましょう。“危険な洗顔”をやめて、汚れだけを落とすことができれば、肌トラブルも解消する可能性がありますよ。

参考になれば幸いです^^

-危険な洗顔!?
-, , , ,

執筆者: