クレンジングの取説館

こちらのサイトでは、クレンジングの取り扱いについて書いています。

クレンジングの超基本

[超基本!]クレンジングで化粧落とし!

投稿日:

[超基本!]クレンジングで化粧落とし!

たかがクレンジング、されどクレンジング。

今回は、クレンジングの超基本となる「化粧落とし」について書いていきます^^

クレンジングの超基本は「丁寧に、時短で!」

クレンジングのコツは、クレンジング剤をメイクによくなじませ、メイクを浮かせて落とすことです。

よく、メイクを落としたいがゆえにゴシゴシとこするようにクレンジングをしている方がいますが、これはNG!

力を入れず、指先で円を描くようにクルクルとクレンジング剤を馴染ませてください。

また、時間を短くするのもポイント。

肌にとってクレンジング剤は刺激物なので、すすぎまで含めて1分以内でクレンジングを終わらせましょう。

つまり、クレンジングは時短で優しく行うことが重要なのです。

正しいクレンジングの方法

上でも述べたように、クレンジングの基本は時間をかけず、できるだけ丁寧に行うこと。

さらに、

・アイメイクやポイントメイクなどのしっかりしたメイクは専用リムーバーを使うこと。

・適量のクレンジング剤をTゾーンから馴染ませること。

・すすぎはたっぷりのぬるま湯で流すこと。

などにも注意してくださいね^^それぞれ、詳しく見ていきましょう。

アイメイクやポイントメイク

落ちにくいアイメイクやポイントメイクは、顔全体のクレンジングでは落としきれない可能性があります。

目元にはアイシャドー、アイライン、マスカラとさまざまなメイクを重ね付けされているので、優しくクレンジング剤を馴染ませただけでは綺麗にメイクを落とすことができません。

加えて目元の皮膚はとても薄いので、ゴシゴシとこすってしまうとダメージを受けてシワなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

唇も同様です。

このようなアイメイクやポイントメイクは、全体をクレンジングする前に、専用のクレンジング剤で落としておきましょう。

クレンジング剤はケチって使わない!

クレンジング剤はパッケージに記載されている使用量を守ってください。

少なすぎる量だと摩擦が大きくなるので肌を傷めてしまいます。

そもそもクレンジング剤は肌にとっていいものではないので、多すぎる量でもだめです。適切な量を使ってください。

なお、肌にのせる際は比較的皮膚の強いTゾーンからにしましょう。

そのあと頬など面積の広い部分に馴染ませ、最後に小鼻など細かい部分に馴染ませていきます。

優しく肌に伸ばす

クレンジング剤は、手で温めてから使用すると伸びが良くなります。

その状態で、指先をすべらせるようにしてクレンジング剤とメイクを馴染ませていきます。

力は必要ありません。優しく円を描くようにするのがポイントです。

すすぎはしっかり

メイクとしっかり馴染んだら、徹底的にぬるま湯ですすいでクレンジング剤を落とします。

手は顔に触れないように、お湯が顔に触れるようにしてすすぎます。

30回ほどすすぐと、しっかりメイクもクレンジング剤も落とせるでしょう。

まとめ

一日のメイク汚れと、顔に付着したホコリなどの汚れを一気にリセットすることができるクレンジング。

顔にメイクや汚れが残ったままでは、美肌にはなれません。

ニキビや吹き出物ができる原因にもなってしまいます。

毎日正しい方法で、きちんとクレンジングを行なってくださいね^^

-クレンジングの超基本
-

執筆者: