クレンジングの取説館

こちらのサイトでは、クレンジングの取り扱いについて書いています。

選び方

クレンジングの選び方は簡単!?

投稿日:

クレンジングの選び方

今回は、クレンジングの選び方について書いていきます。

クレンジングって、なにを基準に選べばいいのか迷いますよね?そこで、その基準にして頂きたいことをご紹介させて頂きます。

 

クレンジング選びは自分の肌に合わせる!

クレンジングは、肌に優しいものを選びたいですよね?それでは、肌に優しいクレンジングってどういうものなのでしょうか?

それは、『洗浄力の弱いもの』ということになるのですが、それではしっかりメイクを落とせません…。

 

メイクをしっかり落とさないと、残った汚れは肌トラブルを、招くことになります。

ただし、洗浄効果の高いクレンジングだと元々肌にある天然保湿因子(NMF)や細胞間脂質、皮脂膜を取ってしまい肌を乾燥させる可能性があります。

では、どうすればいいのかですが、『あなたのメイクの濃さによってクレンジングを変える』必要性があるということなんですね。

 

・濃いメイクの場合は、洗浄力の強いクレンジング

・薄いメイクの場合は、洗浄力の優しいクレンジング

というように、選びます。

 

特に、濃いめのメイクをされるなら、洗浄力の優しいクレンジングを使用していると、メイクをしっかり落とそうと、肌をこすってその摩擦が肌にダメージを与えます。

ですので、一概に洗浄力の強いクレンジングが悪いとはいえません。あなたのメイクの濃さで、クレンジングは選ぶ事をおすすめします。

 

アイライナーやマスカラはクレンジングでいいの?

基本アイメイク類は、落ちにくく作られています。

通常のクレンジングで全く落ちないわけてはありませんが、しっかり綺麗に落としきるには、アイメイク用のクレンジングを使用することをおすすめします。

 

アイメイク用のクレンジングは、一般的に洗浄力が強いので躊躇するかもしれませんが、問題なのはクレンジングを行う時間です。

要するに、時短で終わらせればいいということですね。時間は1分以内!

 

落ちにくいクレンジングを使うと、どうしてもこすったりして摩擦で肌を傷めやすいのでアイメイク用がおすすめです。

 

乾燥肌や敏感肌には?

肌が乾燥している、もしくは敏感肌だという方には洗浄力の強いクレンジングはおすすめできません。

特に、界面活性剤を多く含むオイル系のクレンジングはNG!ジェルやミルク、クリームタイプがおすすめです。

乾燥肌や敏感肌の方はメイク自体を薄くするという手段もあります。そうすれば、洗浄力のつよいクレンジングを使わなくて済みますからね。

参考になれば、幸いです^^

 

-選び方
-

執筆者: